バイアグラの開発経緯

バイアグラは、シルデナフィルと呼ばれる物質で、男性の病気の一つの勃起不全を治すED治療薬としてや肺の肺動脈性肺高血圧症の治療薬として現在使用されています。
バイアグラは、もともと心臓の筋肉の血管に異常起きる病気である狭心症という病気の治療薬として開発されました。狭心症は、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常による一過性の心筋の虚血による胸の痛みや胸部圧迫などの症状が出る病気のことでこの狭心症がひどくなってしまうと心筋梗塞になってしまうことがあるのです。しかし、この狭心症のために開発されたにも関わらず、あまり治療の効果がなくなってしまったが、たまたま、狭心症の治療薬として使用されており、検査を行った結果、少しであったが陰茎の勃起を促進する作用を確認とれたため、狭心症よりもED治療のための薬品として開発されるようになり、世界中で初めてのED治療薬として開発させることができたのです。
副作用として、心臓病に用いられるニトログリセリンなどの硫酸塩系の薬剤と同様なものですが、副作用としては、血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす場合があり、使用する際には十分に注意する必要があるのです。
バイアグラは、勃起不全がある場合、この薬を服用することで30分ほどで勃起をすることができ、性行為を行う際にも、30分ほど前から使用することで、効果を発揮させることができるのです。
このように、バイアグラはそもそもEDの治療薬として使用されたのではなく、狭心症の病気を治すために開発され、EDの治療薬として使用し始められたのは、たまたま勃起を促進させるような効果があったということから本格的に開発するようになったのです。

カマグラゴールドスハグラはバイアグラジェネリックでお買い得